福岡市内のオススメ移動手段

福岡観光で役に立つ市内アクセス方法

こんにちは。前回は福岡市内の簡単お得な移動方法として、地下鉄編と100円バス、路線バス編をご紹介したので、今回は福岡シティループバスグリーン編と定期観光バス&観光タクシー編をご紹介します。

福岡シティループバスグリーン編

土日曜、祝日と春休み、夏休み、ゴールでウィークなどの長期休暇中に運行する福岡シティループバスグリーンは、キャナルシティ博多前、櫛田神社、博多町家ふるさと館前、福岡タワー南口などの主要観光スポットをおよそ1時間30分で巡る。日中は美術館ルート、
午後4時からは長浜ルートに替わる。バスの起点は博多駅交通センター11番乗り場で、乗降場には「ぐりーん」専用のバス停がある。運賃は前払いで一回250円。もしくは1日フリー乗車券の「ぐりーんバス」もしくは、九州島内および山口県下関市周辺の高速バス、一般路線バスのほぼ全域と一部船舶が乗り放題になるフリーパスチケット「SUNQ」バスを利用しよう。運賃は、全九州3日間は1万円。4日間は1万4000円。北部九州3日間は8000円。

定期観光バス&観光タクシー編

乗るだけで観光地へ直接アプローチできる福岡市内を走る定期観光バス、観光タクシーは、位置や交通機関の事前チェックが不要な点うれしい。ガイド役が付いているので、一層興味深く見学することができる。利用する場合は定期観光バス、観光タクシーも事前に予約が必要だ。観光タクシーの場合は、グループで割り勘するとリーズナブルだ。2時間コースで福岡市内にある40点ほどの協賛ラーメン点の中から好みの4軒ほどを巡ることができる「ラーメンタクシー」も人気だ。料金はラーメン代別で小型車1台で昼は5,000円、夜6,000円。前日までに予約が必要だ。

目的別、福岡市内移動手段2か条

  1. 市内観光スポットを目指すなら福岡シティループバス「ぐりーん」が便利!
  2. キャナルシティ博多、ホークスタウンなどの福岡の市内観光には、主な観光名所を循環する福岡シティループバス「ぐりーん」がだんぜん便利だ。ただし土日曜、祝日と春・夏休みゴールデンウィークなどの長期休暇期間中のみの運行であることを忘れないようにしなければならない。福岡城内、福岡市美術館を経由する美術館ルートと、夜になると屋台が並ぶ長浜を経由する長浜ルートの2ルートが運行しているので、好みのルートを利用しよう。

  3. ガイド付きで効率よく巡るなら、旅のプロ定期観光バス&観光タクシーを利用しよう
  4. 定番の観光スポットを効率よく巡るなら、定期観光バスや観光タクシーがオススメだ。西鉄観光バスは大宰府の見所がぎゅっと詰まったコース、観光タクシーは多彩な内容の8つのコースを設けている。ガイドを聞きながらの物見遊山となるため、福岡についての知識が一層深まる。博多湾レストランショップで海の上からの景色と美味しい食事を楽しむのもいい。