とんこつラーメン

福岡といえばとんこつラーメン、とんこつラーメンと言えば福岡、というほど福岡は全国的に知られるとんこつラーメンの本場です。白濁スープと極細麺の組み合わせに、トッピング、アレンジなど各店の個性がきらりと光るオリジナリティ溢れるラーメンが沢山です。あなたの好みのいっぱいを是非探してその美味さに感動して下さい。

王道とんこつラーメン。シンプルが一番な方へ。

  • ふくちゃんラーメン博多店
    頭骨をじっくりと煮込んだスープと、そのスープがほどよく絡む中部太麺は、かつて福岡市ももちで店を営んでいた頃の先代の製法を受け継いている。一滴残らず飲み干したくなる豚のうまみが溶け込んだスープは、こくがあり、自然な旨みが広がるスープと切れ味のあるスープの2種類をブレンドしている。肉厚のチャーシューとネギがたっぷりのトッピング。卓上にある紅しょうが、生にんにくはお好みで入れよう。麺の固さは、バリカタ、カタ、普通、ヤワの4段階から選ぶことができる。
    福岡の美味しいラーメン
    ラーメン600円

  • 名代ラーメン亭バスチカ店
    昭和42年(1967年)の創業以来、変わらぬ製法と味を守り続けている。味はもとより、手ごろな値段で評判が高い。豚骨スープを使ったチャンポンも人気メニューだ。毎日食べても飽きの来ないあっさり豚骨スープは、豚の丸骨をじっくりと煮込んだもので、まろやかで甘みがある。卓上のゴマ、自店製の辛子高菜で好みのトッピングが楽しめる。麺は固めにゆでた極細めんで、しっかりとスープと絡む。
    福岡県のラーメン
    ラーメン420円

こってりとんこつ。濃いのがお好きな方へ

とんこつの旨みがギュッと凝縮したトロトロのスープに極細面がよく絡むこってり系とんこつラーメン魅力にハマる人が続出。濃いめがお好きな方は必食です。

  • 一蘭 天神
    食べることに集中できるようカウンターに一人ずつの仕切りを設けている。麺の固さ、味の濃さ、にんにくの量、ぴりりと辛い秘伝のたれはお好みでオーダーできる。美味さの秘密は30種類を調合した秘伝のたれにある。丁寧にあくを抜いたスープはまろやかでこくがある。
    福岡で有名なラーメン
    天然とんこつラーメン690円
  • 大砲ラーメン 天神今泉店
    とんこつラーメン発祥の地といわれる久留米の有名店。自店製の背油の揚げ玉とシナチクをトッピングした昔ラーメンは昭和28年(1953年)の創業時を再現したものだ。創業以来、豚骨を継ぎ足しながら作りあげる「呼び戻し」といわれる技法でまろやかで深みのあるスープが出来上がる。半世紀の歴史を感じるこくのあるスープを堪能しよう。
    福岡県久留米市の美味しいラーメン
    昔ラーメン630円

個性はラーメン。注目の新ジャンル、アレンジは無限大

とんこつラーメンが主流の福岡で、材料、製法、調味料に工夫を凝らした個性的なラーメンが登場した。あの店でしか食べることができないあの一杯、一度食べたら癖になる個性はラーメンに注目しよう。

  • 島系本店 舞鶴店
    麺は一般的な博多ラーメンと比べてかなり太めでコシがある。豚骨、背油、野菜からだしをとった濃厚スープとの相性が抜群にだ。肉厚の煮ぶたとたっぷりのもやしで食べ応え十分の島系ラーメン。もやしとチャーシューに埋もれた福岡ラーメンでは珍しい極太い麺におどろくことなかれ。
    福岡県の鶏がらスープのラーメン
    島系ラーメン900円
  • ラーメンTAIZO
    豚骨を20時間丁寧に煮込み、地抜きと飽く抜きを丁寧に繰り返すことで作るスープは独特の風味とこくがある。にんにく、ネギなど数種類の材料で作る「こってり黒ラーメン」が好評だ。こくと苦味のバランスが絶妙で丹念に焦がしたマー油が決め手のこってり黒ラーメンのスープは、白い豚骨スープと黒いマー油の二層になっている。
    福岡県の個性的なラーメン
    こってり黒ラーメン600円

博多ラーメンの基本

  1. オーダー方法
    福岡のラーメン店では、麺の固さ、スープのこってり度、薬味の量などが選べることが多い。
  2. 替え玉システム
    細めんが主流の博多ラーメンは、大盛りにすると麺が延びてしまう。そこで、麺をお変わりする替え玉が考案されたのだ。
  3. ラー麦
    福岡県が福岡のラーメンのために開発した小麦。コシが強く、茹でのびしにくいなどの特徴がある。

必食の福岡グルメ

美味しい食事は旅の楽しみの一つです。食の都と呼ばれる福岡には、定番の豚骨ラーメンをはじめ、もつ鍋、海の幸、水炊きなど美味しいものが沢山!福岡の美味しいグルメからこれだけは食べておきたい人気店のメニューを厳選してご紹介します。食の都、福岡の実力をぜひあなたの舌で堪能してください。

 

福岡グルメを制覇せよ!バリうまグルメのご紹介

  • とんこつラーメン
  • もつ鍋
  • 餃子
  • 海鮮

 

 

屋台デビュー。福岡に来たら絶対いっとかんば!

 

福岡の夜の風物詩と言えば、やっぱり屋台です。料金やメニュー、マナーなど知っておきたい屋台のあれこれを教えます。初めて行く人もコレさえ読めば大丈夫です。

福岡観光

入門編。福岡屋台のいろは。

屋台の常識から知ってお得な豆知識まで、出かける前に予習をしておこう。

  1. 9時までに入店すべし
    屋台は終電前後からピークに込み合う。初心者であれば、混雑時を避けて夜9時までの入店がオススメだ。
  2. 天気をチェックするべし
    屋台は、究極の仮設店舗です。少々の雨であれば営業しているお店が多いが、雨風雪がひどい場合は定休日以外であっても休業の屋台が多いので、事前に天気予報を見て出かけよう。
  3. 入店前にトイレに行くべし
    屋台の近くにはたいてい公衆トイレがあるが、女性の屋台初心者の方は、念には念を入れて事前に済ませておくのがベターだ。
  4. 大人数は避けるべし。
    屋台の収容人数は10人ほどが限界。店舗の込み具合など状況によって異なるが、通常の場合は、多くても3、4人以内で出かけるのがマナーとなっている。

もっと知りたい福岡屋台事情。

  1. 料金表があれば安心。
    誰でも安心して利用できる目安は、料金表の有無。知らない町ではじめての屋台に入るのにはちょっと勇気が必要です。トラブルを避けるためにも、きちんと料金表を掲示してある良心的な屋台がオススメです。明朗会計が一番です。
  2. とりあえずビールを飲もう。
    原則としてお冷のサービスはない。ビール、焼酎、ソフトドリンクは、ほぼ全店がそろえている。
  3. 迷うほどの品揃え。
    ラーメン、おでんなどの定番のほか、フレンチ、アジアン中国料理など福岡の屋台はメニューのバリエーションがかなり豊富です。ただし、食品衛生上、生ものは置いていない。生ものが食べたい時は他の居酒屋で食べましょう。
  4. 困った時は屋台110番へ。
    屋台は地元のお客さんよりも観光客の利用が多く、トラブルが怒ることはまずないが、もし屋台でトラブルに遭遇したら「屋台110番」へ連絡をしよう。屋台110番は092-751-3490

福岡市内のオススメ移動手段

福岡観光で役に立つ市内アクセス方法

こんにちは。前回は福岡市内の簡単お得な移動方法として、地下鉄編と100円バス、路線バス編をご紹介したので、今回は福岡シティループバスグリーン編と定期観光バス&観光タクシー編をご紹介します。

福岡シティループバスグリーン編

土日曜、祝日と春休み、夏休み、ゴールでウィークなどの長期休暇中に運行する福岡シティループバスグリーンは、キャナルシティ博多前、櫛田神社、博多町家ふるさと館前、福岡タワー南口などの主要観光スポットをおよそ1時間30分で巡る。日中は美術館ルート、
午後4時からは長浜ルートに替わる。バスの起点は博多駅交通センター11番乗り場で、乗降場には「ぐりーん」専用のバス停がある。運賃は前払いで一回250円。もしくは1日フリー乗車券の「ぐりーんバス」もしくは、九州島内および山口県下関市周辺の高速バス、一般路線バスのほぼ全域と一部船舶が乗り放題になるフリーパスチケット「SUNQ」バスを利用しよう。運賃は、全九州3日間は1万円。4日間は1万4000円。北部九州3日間は8000円。

定期観光バス&観光タクシー編

乗るだけで観光地へ直接アプローチできる福岡市内を走る定期観光バス、観光タクシーは、位置や交通機関の事前チェックが不要な点うれしい。ガイド役が付いているので、一層興味深く見学することができる。利用する場合は定期観光バス、観光タクシーも事前に予約が必要だ。観光タクシーの場合は、グループで割り勘するとリーズナブルだ。2時間コースで福岡市内にある40点ほどの協賛ラーメン点の中から好みの4軒ほどを巡ることができる「ラーメンタクシー」も人気だ。料金はラーメン代別で小型車1台で昼は5,000円、夜6,000円。前日までに予約が必要だ。

目的別、福岡市内移動手段2か条

  1. 市内観光スポットを目指すなら福岡シティループバス「ぐりーん」が便利!
  2. キャナルシティ博多、ホークスタウンなどの福岡の市内観光には、主な観光名所を循環する福岡シティループバス「ぐりーん」がだんぜん便利だ。ただし土日曜、祝日と春・夏休みゴールデンウィークなどの長期休暇期間中のみの運行であることを忘れないようにしなければならない。福岡城内、福岡市美術館を経由する美術館ルートと、夜になると屋台が並ぶ長浜を経由する長浜ルートの2ルートが運行しているので、好みのルートを利用しよう。

  3. ガイド付きで効率よく巡るなら、旅のプロ定期観光バス&観光タクシーを利用しよう
  4. 定番の観光スポットを効率よく巡るなら、定期観光バスや観光タクシーがオススメだ。西鉄観光バスは大宰府の見所がぎゅっと詰まったコース、観光タクシーは多彩な内容の8つのコースを設けている。ガイドを聞きながらの物見遊山となるため、福岡についての知識が一層深まる。博多湾レストランショップで海の上からの景色と美味しい食事を楽しむのもいい。

福岡観光の移動方法。

福岡アクセスガイド

コツさえつかめば福岡観光めぐりが楽に&お得に巡れます!

  1. 地下鉄編
  2. 100円循環バス編
  3. 路線バス編
  4. 福岡シティループバスグリーン編
  5. 定期観光バス&観光タクシー編

地下鉄

観光での主要路線は福岡空港、博多駅、天神、姪浜を通る空港線が便利だ。
福岡空港から博多駅までは、空港線を使って5分、博多駅経由の天神までは11分でたどり着ける。
薬院方面へは、天神駅から徒歩7分の天神南駅で七隈線橋本行きに乗り換えが必要だ。
初乗り区間の運賃は200円。ただし、1駅のみの移動は100円とリーゾナブルだ。
地下鉄に1日乗り放題で、大人600円、金曜から日曜、祝日は500円とさらにお得。乗車券の提示で入場料などが割引になる施設もある。これは大変お得ですね。

100円循環バス編

博多駅から中州、天神、キャナルシティは方など、都心部を循環している100円循環バスがあります。
外回り、内回りの2路線が運行しています。ほぼ6分間隔で運行していて、福岡市内をスムーズに移動できます。博多駅、天神駅、薬院駅前を結ぶエリアは全路線バスが1回100円とお得です。

福岡観光乗り物選び2か条

  1. ショッピング、飲食などが集中する都心部を目指すなら基本は地下鉄で、ときどき100円循環バスを利用しよう。
  2. 天神へのアプローチは、その中心部に駅がある地下鉄が便利。大名、今泉などへの近隣エリアも徒歩圏内です。キャナルシティ博多は、地下鉄中洲川端駅から歩いていけるが、目の前にバス停があるため、100円循環バスの利用も想定に入れておいたほうが良い。博多駅からは外回りルート、天神からは内回りルートの循環バスを利用しよう。

  3. 福岡タウンを縦横無尽に動くなら福岡市内を網羅した路線バスに挑戦しよう
  4. 福岡市内の隅々にまで路線網が広がる西鉄バスは、福岡市内観光の大きな味方だ。とはいえ、博多駅前、天神地区については、バス停が行き先ごとに複数設置されていて、なれないものにとっては難しい。「土地勘がある」「地図を見るのが好きだ」「行き方をたずねるのが苦にならない」と言う人ならオススメ。路線バスを乗りこなせれば絶対便利だ。

今回は地下鉄編と100円循環バス編を野2つをご紹介しました。次回は、福岡シティループバス編と定期観光バス&観光タクシー編をご紹介予定です。

ドライスーツ

ドライスーツで流氷の下へダイブ

旅行に行きたいな。ここ最近どこかへ旅行に行きたい衝動に駆られてきました。国内旅行なら、やっぱり福岡か、でもこの時期に暖かい沖縄に行くのもいいですね。一方、寒い時期に寒い北海道にいってみるのもありですね。寒い北海道で、美味しいものを食べながら熱燗でいっぱいやるのもいいですね。最近知人に聞いた話ですが、流氷に穴を掘って飛び込むツアーがあるのだそうです。流氷に穴?しかも飛び込む?はじめ来たときはうそかと思いました。実際そのツアーに参加した友人によると、全く水が入ってこないドライスーツと言う奇妙なウエットスーツのような分厚い服を着るそうです。このドライスーツと呼ばれるものを着ると、流氷の海に飛び込んでも、全く体が濡れないのだそうです。以前沖縄の宮古島で体験ダイビングをやったときに着たウエットスーツは、確か水が入ってきてからだが濡れた記憶があったのですが、このドライスーツと呼ばれるものの下には、水着ではなく普通の服、例えばジーンズにフリースなどといった服装で良いのだそうです。今から海に飛び込むのにスーツの下は水着ではなく普通の服を着ていいということにまず驚きました。ホントに水が入ってきて濡れたりしないのか友人に尋ねると、首や手首の部分がかなりきつめにシールドされていて水が全く入ってこなかったそうです。へぇーすごいものがあるんだね。海に飛び込むのに普通の服を着ていて全く水に濡れないなんてビックリです。しかも、洋服とドライスーツの間に空気の層ができていて体の寒さもさほど感じなかったです。でも、、、顔は北風さらされていて水にも濡れるので、耐えられないほど寒かったそうです。それはそうですよね、だって流氷がくる北の海にいるのですから。でも流氷の下で見たクリオネの愛らしさは一生忘れないと思います。

観光とダイビングが最高のリラクゼーション

福岡での観光と適度な運動は私にとって最高のリラクゼーションです。私にとって、適度な運動とは、かれこれ20年近く続けているリラクゼーションに最適なダイビングです。福岡は、観光はもちろん、志賀島などの海でダイビングも楽しめる。ダイビングというと、重たい器材を持ち、それこそ特別なトレーニングを積んだ体力に自身のある方でないと出来ないと思われがちです。ところが、それはあくまでも創造が作り上げたダイバーのイメージであり、勝手に敷居が高いものと誤解されているだけです。実際には普通に日常生活がおくれている方であれば、誰でも楽しむことが出来る気軽なリラクゼーションレジャースポーツなのです。フワフワと水中散歩をしながら、魚たちの群れや美しいさんご礁をのんびりと眺めることが出来るのです。ただ、普段から体を動かしたり、適度な運動をしていたほうが、より楽に水中散歩をエンジョイできるようになることだけはたしかです。何も運動をしないと年に2パーセントずつ体の機能は低下すると言うデーターがあります。週に2回ほど適度な運動を行うだけで、体の機能低下を食い止めることができます。つまり、私にとっては、観光とダイビングをとおして適度な運動を続けることが、長生きのコツなのです。大好きな観光や、ダイビングのような大自然の中で行うリクリエーションスポーツは、精神衛生上、効果があると言われていて、日ごろのストレスから解き放たれ、自然に囲まれた環境でのんびり過ごすことはとても貴重です。福岡でのダイビングと観光は私にとってうってつけの癒しの時間なのです。

宮古島でのダイビング

食欲の秋。

大して動いていないのに食欲がわいてきますね!言い訳ではありませんが、きっと【食欲の秋】だからでしょう(笑)今夜は秋刀魚の焼き魚と栗ご飯をいただきました。

ここ福岡でも朝晩涼しく、いえ、寒くなってきました。そろそろ紅葉が始まってきましたね。子供のころは紅葉に全く興味がありませんでしたが、この歳になるとだんだんと紅葉といいますか、自然の良さが分かるようになってきました。落ち着きますよね。紅葉の景色を眺めながら温泉旅行にでも行きたいものです。なんていいながら、密かに沖縄旅行も考えている私です(笑)

このブログ、福岡観光旅行グルメ情報とは程遠い、ただの日記となっていますが、、、先日子供の秋の運動会を見に行ってきました。なかなかの盛り上がりでした。しかし子供の成長というのは早いものですね。そして我が子は可愛いものですね。普段は何かと我慢させていることが多いのですが、この日ばかりはワガママもOK!外食してガッツリ美味しい物いただいてきました。食欲の秋ですからね(笑)

ホルモン。

我が家の人気メニューはホルモンです。美味しいですよねー。これは結構好き嫌いが分かれてしまいますが、私にはたまりません。常に冷凍庫にあります!仕事が休みの前の晩ごはんに、おつまみに、疲れた時に・・・・もってこい!4人家族(大人2、幼児2)で500グラムのホルモンをペロリ(笑)

~我が家のホルモンレシピ~味付けはしょうゆう、酒、にんにく、味の素です。たっぷりとホルモンに漬け込みます。後は白ネギをざっくり切って玉ネギもざっくり切って、ホルモンと一緒にフライパン(焦げにくい物)でジュージューしっかり焼いて食べるんです。焦げたくらいがGOODで、最後はチャンポン麺も一緒に入れて食べる。とっても簡単で美味しくて最高ですよ。ちなみにホルモンは色々と種類がありますが油が少ないタイプが美味しいです。

旅行先でもホルモンを食べに行ってしまうほどのホルモン好き。この前も宮古島に遊びに行った時までも1日はホルモン食べました(笑)でもチャンプルーや沖縄そばも食べましたよ~。

今夜はビールを冷やしてホルモンにしようかな。

宮古島→沖縄本島→九州

数日前に沖縄県の宮古島を掠めて大きな被害をもたらした台風23号。観光やダイビングで多くの観光客が来島していた週末に最も宮古島へ接近しましたので、影響を受けた方々も多かったのではないでしょうか?そして只今沖縄本島に接近中の台風24号。ほぼ同時に発生したこの2個の台風のうち24号が九州地方へ向かっています。その後は東へ進路を変えて本州に上陸するようです。福岡に観光でお越しのみなさま、台風情報にご注意下さいね。福岡、九州、本州で被害が出ないことを願うばかりです。

グルメの旅

旅行の楽しみの一つとして、食事は大きな要素を締めるのではないでしょうか。日本の中でも有数のグルメの都市として知られている福岡県。福岡県には水炊き、ラーメン、ホルモン、餃子、焼き鳥、数え上げればきりがないほどのご当地グルメが存在します。その中で、福岡市と北九州市の間に位置し、そのどちらにも属さない独特の文化をはぐくんだ福岡県内でもディープな町、福岡県飯塚市にある若鶏をご紹介したいと思います。国の有形文化財に登録されている芝居小屋嘉穂劇場の向かいに店舗を構える老舗若鶏は、福岡の地元客に人気のオススメ店です。芝居小屋嘉穂劇場で演劇を見た後、鳥料理に舌づつみ。こんな福岡観光もオススメです。福岡市、北九州市のみならず、その周りの町にも魅力は触れるグルメ店が点在している福岡県。そのグルメ店の多さ、ポテンシャルの高さは間違いなく日本でもトップクラスです。旅行で福岡を訪れた方はぜひ福岡の食の魅力にも触れて下さい。